スペインのホテル「パラドール」へ


4
画像参照:Bert Kaufmann

海外旅行でホテルに泊まる時に日本人の重視したい点として、部屋がどうなっているのか、また、バスタブはありか無しかでしょう。日本ではあって当たり前のバスタブ。浸かることが風習となっていますが、海外ではあまり入浴の際にバスタブに浸かる風習がありません。そのため、スペインに出かけるときにもホテルで浴槽はあまり見かけないものといわれています。
また、アメニティに関しては充実しており、多数の人が使いやすいものが一通り揃っているような状態です。
海外旅行で水の質を気にされる方もいらっしゃると思いますが、水の質などの関係から肌への影響が著しく異なる場合があります。そのため、事前に必ず水質などを確認しておきましょう。
更に、ホテルのチェックアウトは比較的遅い時間となっているため、つい朝食を食べたくなる気持ちはわかりますが、日本とは大きく異なり、海外ではあまりがっつりとした朝食を味わえることは少ないといわれています。そのため、食べたいときには早目にホテルをチェックアウトして、ホテル周辺のおいしいお店に出かけたほうがおすすめです。
スペインのホテルにはパラドールというタイプのホテルがあります。パラドールは古城や貴族の邸宅、修道院といった歴史的建造物を国が修復・改装した国営のホテルです。スペイン全土にパラドールが存在しますので、もし日本では体験する事ができない旅行を計画されているのならパラドールに宿泊してみると良いでしょう。